Fellowship of RightTracks

鋒山亘  Wataru Hokoyama

作曲・指揮 / First Artists Management所属

 

1974年会津生まれ。16歳で単身渡米し、インターローケン芸術高校、クリーブランド音楽院、南カリフォルニア大学(USC)で作曲、指揮を学ぶ。

映画音楽作曲法を巨匠エルマー・バーンスタイン、クリス・ヤング、バディ・ベイカーに師事。指揮法をアラン・ギルバート(現ニューヨーク・フィルハーモニック音楽監督)に師事。

主な制作実績・略歴

 

カンヌ映画祭でパルムドール賞受賞作「おはぎ」や、サンダンス映画祭でオーディエンス賞受賞作「ONE」でそれぞれ音楽を担当。

また、「ダンジョン&ドラゴン」「バフィー・恋する十字架」「イースターラビットのキャンディ工場」等でアレンジとオーケストレーションを手がける。

 

ゲーム音楽では「AFRIKA」の音楽を手がけ、ハリウッド・ミュージック・アワード、G.A.N.G.アワードほか、欧米で多数受賞した他、国際映画音楽批評家協会(IFMCA)賞にもゲーム部門ベスト・スコア賞にノミネートされる。

その他のゲーム・タイトルでは「Soul Sacrifice」「KNACK」「Soul Sacrifice Delta」「キネクト・ディズニーランド・アドベンチャー」等で音楽を担当。

「バイオハザード5」「Halo-Master Chief Collection」でもそれぞれアレンジや指揮で参加。

 

米ポップミュージック・シーンでも活動しており、30 Seconds To Marsのアルバム「Beautiful Lie」でアレンジで、Michael Buble-“Cold December Night”では指揮で参加。

 

*音楽家と別の顔としてはサイキック・ヒーラーとしても知られ、各国の著名人やハリウッドの映画界等にクライアントを持つ。

 

現在、香港とロサンゼルスに拠点を持ち、広く活動を展開している。